英語:第二文型

英語の第2文型 S + V + C
英語の第二文型は修飾語Mを除いたとき、主語Sと述語動詞Vと主語を説明する補語Cで文章が成り立っている文型です。このときそのVを不完全自動詞といいます。このとき主語S⊆補語Cという関係が成立しています。
第2文型における文の例:He is a teacher. (彼は先生です。)となり、これが最も基本的な核となる部分であり、もしこれが例として「彼は英語の先生です。」としたいならば、 "He is an English teacher." というように継ぎ足せばよいのです。 第2文型に用いられる動詞には次のものがあります。 状態の維持を表すbe, remainなど。 状態の変化を表すbecome, get, come, goなど。 感覚を表すseem, feel, look, hear, smell, tasteなど、です
英語 文法

英語:副詞 」 「 英語:冠詞 」 英語:定冠詞、不定冠詞

英語:関係詞 」 「 英語:関係代名詞 」 「 英語:複合関係代名詞 」

英語:関係副詞 」 「 英語: 関係形容詞 」 「 英語:・続詞 」

英語:従属・続詞 」 「 英語:等位・続詞 」 「 英語:前置詞 」

英語:・続詞と前置詞1 」 「 英語:・続詞と前置詞2 」

英語:形容詞 」 「 英語の相:進行相 」 「 英語の相:完了相 」

英語:変形文法とは 」 「 人称疑問詞・関係代名詞whoの格変化 」

人称代名詞の変化: 一人称 二人称 三人称」 「 英語:受動態と能動態 」 「 英語の形態 」

I love you 」

動詞

英語:動詞 」 「 英語:規則動詞の変化、不規則動詞の変化 」

英語:be動詞の活用  」

名詞

英語 派生名詞 」 「 英語 可損名詞 」

英語 名詞の所有表現  」

助動詞

英語:助動詞:肯定文、疑問文・否定文 」 「 英語:助動詞:疑問否定文の形成  」

英語:助動詞:法助動詞 」 「 英語 助動詞:疑問文と否定文の形成

英語:助動詞:付加疑問文の形成 」 「 英語:助動詞:分詞を後置する場合 」

英語 時制

英語の時制、法、相、態 」 「 英語:時制 」

英語の時間表現 」


英語 法

英語:法 」 「 英語:仮定法 」

英語:命令法 」

英語 発音

英語:アクセント  」 「 英語:韻 」

英語:音節 」 「 英語の発音:母音 」

英語発音:長母音、短母音 」 「 イギリス英語、アメリカ英語:発音  」

英語 発音 」

英語と他のヨーロッパ言語との比較

英語:言語類型論 」 「 英語以外のストレス系言語 」

英語の特・ 」 「 英語の動詞の変化:他のヨーロッパ言語との比較

英語:ダイアクリティカルマーク 」

黒人英語

黒人英語とは 」 「 黒人英語の発音 」

黒人英語の文法 」

世界の英語事情

英語人口  」 「 イギリスの英語事情  」

アメリカの英語事情  」 「 オーストラリアの英語事情

英語 文型

英語:基本文型 」 「 英語 第一文型 」

英語 第二文型 」 「 英語 第三文型 」

英語 第四文型 」 「 英語 第存文型

ランドルフ・クアーク 」

英検

英検とは 」 「 英検の受験袖 」

児童英検 」

TOEFL

TOEFL、トーフルとは 」 「 TOEFL:要求される点数 」

TOEFL:Paper-Based Testing 」

TOEFL:Internet-Based Testing 」

TOEFL:Institutional Testing Program 」

TOEFL:Computer-Based Testing 」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。