英語:仮定法

英語の仮定法(subjunctive)は、中英語期以前までは、現在・過去のいずれの時制でも現れ、それぞれ固有の語形変化をもっていたのですが、現代では仮定法自体やや特殊な用法となっています。"if"などを用いた条件節(conditional clause)内においては一般動詞を過去形に、be動詞の場合は"were"にすることによって法を表現し(現在では主語が"you"以外の単数の場合"was"が用いられることもある)、条件節以外では助動詞の過去形(例:would, could, might, should)を用いることによって表現します。仮定法本来の動詞変化が消失したためにこのような形で表現するのですが、そのせいで動詞の語形変化で表される時制と、仮定法によって叙述される時制にズレが生じます。

例: If I were a bird, I could fly into the sky.「もし私が鳥ならば、空に向かって飛んでいけるのだが。」
これを「仮定法過去」といい、叙述されているのは現在の状態・動作です。 仮定法によって過去の状態・動作を叙述するには、次のような構造を用います。

例: If I had been a bird, I could have flown into the sky.「もし私が鳥だったならば、空に向かって飛んでいけたのだが。」
条件節内を「助動詞haveの過去形"had"+過去分詞」とし、主節(main clause)内を「助動詞過去形+助動詞have+過去分詞」とする。これを「仮定法過去完了」という。 なお、主節の動詞が話者の意思を表す動詞(intentional verb)の場合、従属節(subordinate clause)内の動詞が人称・時制にかかわらず原形になる場合があり、これを「仮定法現在」という。叙述されている時制は主節内の動詞の時制となる。これはアメリカ英語に多く見られる用法であり、イギリス英語では従属節内の動詞の前に"should"をおく。

例: He insisted that she be innocent.「彼は、彼女が無罪であると主張した。」

英語 文法

英語:副詞 」 「 英語:冠詞 」 英語:定冠詞、不定冠詞

英語:関係詞 」 「 英語:関係代名詞 」 「 英語:複合関係代名詞 」

英語:関係副詞 」 「 英語: 関係形容詞 」 「 英語:・続詞 」

英語:従属・続詞 」 「 英語:等位・続詞 」 「 英語:前置詞 」

英語:・続詞と前置詞1 」 「 英語:・続詞と前置詞2 」

英語:形容詞 」 「 英語の相:進行相 」 「 英語の相:完了相 」

英語:変形文法とは 」 「 人称疑問詞・関係代名詞whoの格変化 」

人称代名詞の変化: 一人称 二人称 三人称」 「 英語:受動態と能動態 」 「 英語の形態 」

I love you 」

動詞

英語:動詞 」 「 英語:規則動詞の変化、不規則動詞の変化 」

英語:be動詞の活用  」

名詞

英語 派生名詞 」 「 英語 可損名詞 」

英語 名詞の所有表現  」

助動詞

英語:助動詞:肯定文、疑問文・否定文 」 「 英語:助動詞:疑問否定文の形成  」

英語:助動詞:法助動詞 」 「 英語 助動詞:疑問文と否定文の形成

英語:助動詞:付加疑問文の形成 」 「 英語:助動詞:分詞を後置する場合 」

英語 時制

英語の時制、法、相、態 」 「 英語:時制 」

英語の時間表現 」


英語 法

英語:法 」 「 英語:仮定法 」

英語:命令法 」

英語 発音

英語:アクセント  」 「 英語:韻 」

英語:音節 」 「 英語の発音:母音 」

英語発音:長母音、短母音 」 「 イギリス英語、アメリカ英語:発音  」

英語 発音 」

英語と他のヨーロッパ言語との比較

英語:言語類型論 」 「 英語以外のストレス系言語 」

英語の特・ 」 「 英語の動詞の変化:他のヨーロッパ言語との比較

英語:ダイアクリティカルマーク 」

黒人英語

黒人英語とは 」 「 黒人英語の発音 」

黒人英語の文法 」

世界の英語事情

英語人口  」 「 イギリスの英語事情  」

アメリカの英語事情  」 「 オーストラリアの英語事情

英語 文型

英語:基本文型 」 「 英語 第一文型 」

英語 第二文型 」 「 英語 第三文型 」

英語 第四文型 」 「 英語 第存文型

ランドルフ・クアーク 」

英検

英検とは 」 「 英検の受験袖 」

児童英検 」

TOEFL

TOEFL、トーフルとは 」 「 TOEFL:要求される点数 」

TOEFL:Paper-Based Testing 」

TOEFL:Internet-Based Testing 」

TOEFL:Institutional Testing Program 」

TOEFL:Computer-Based Testing 」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。