英語:受動態と能動態

 
英語の態は能動態(active voice)と受動態(passive -)があり、能動態においては動詞によって表される状態・動作は主語によるものなのですが、受動態を用いることによって、主語が何らかの動作を「されている」ことを表現することができます。受動態は、「助動詞"be"+過去分詞」で表現され、その場合の真の動作主は"by"で導かれる前置詞句(prepositional phrase)によって表されます。ただし、他動詞(transitive verb)に限定され、能動態において目的語を取らない自動詞(intransitive -)(例:"stand"「立つ」)は受動態にできません。また、助動詞beを過去形"was", "were"にすることにより、受動態の時制を表現することが可能です。

能動態の例: He builds a kennel.「彼は犬小屋を造る。」
受動態の例: A kennel is built (by him). 「犬小屋は彼に造られる。」
なお、これらの法・時制・相を組み合わせて複雑な時間軸・動作の表現をすることも論理上可能です。

例: He would say that the building had been being built.
(wouldは仮定法、had beenが過去完了形、been beingが進行形、being builtが受動態)
英語 文法

英語:副詞 」 「 英語:冠詞 」 英語:定冠詞、不定冠詞

英語:関係詞 」 「 英語:関係代名詞 」 「 英語:複合関係代名詞 」

英語:関係副詞 」 「 英語: 関係形容詞 」 「 英語:・続詞 」

英語:従属・続詞 」 「 英語:等位・続詞 」 「 英語:前置詞 」

英語:・続詞と前置詞1 」 「 英語:・続詞と前置詞2 」

英語:形容詞 」 「 英語の相:進行相 」 「 英語の相:完了相 」

英語:変形文法とは 」 「 人称疑問詞・関係代名詞whoの格変化 」

人称代名詞の変化: 一人称 二人称 三人称」 「 英語:受動態と能動態 」 「 英語の形態 」

I love you 」

動詞

英語:動詞 」 「 英語:規則動詞の変化、不規則動詞の変化 」

英語:be動詞の活用  」

名詞

英語 派生名詞 」 「 英語 可損名詞 」

英語 名詞の所有表現  」

助動詞

英語:助動詞:肯定文、疑問文・否定文 」 「 英語:助動詞:疑問否定文の形成  」

英語:助動詞:法助動詞 」 「 英語 助動詞:疑問文と否定文の形成

英語:助動詞:付加疑問文の形成 」 「 英語:助動詞:分詞を後置する場合 」

英語 時制

英語の時制、法、相、態 」 「 英語:時制 」

英語の時間表現 」


英語 法

英語:法 」 「 英語:仮定法 」

英語:命令法 」

英語 発音

英語:アクセント  」 「 英語:韻 」

英語:音節 」 「 英語の発音:母音 」

英語発音:長母音、短母音 」 「 イギリス英語、アメリカ英語:発音  」

英語 発音 」

英語と他のヨーロッパ言語との比較

英語:言語類型論 」 「 英語以外のストレス系言語 」

英語の特・ 」 「 英語の動詞の変化:他のヨーロッパ言語との比較

英語:ダイアクリティカルマーク 」

黒人英語

黒人英語とは 」 「 黒人英語の発音 」

黒人英語の文法 」

世界の英語事情

英語人口  」 「 イギリスの英語事情  」

アメリカの英語事情  」 「 オーストラリアの英語事情

英語 文型

英語:基本文型 」 「 英語 第一文型 」

英語 第二文型 」 「 英語 第三文型 」

英語 第四文型 」 「 英語 第存文型

ランドルフ・クアーク 」

英検

英検とは 」 「 英検の受験袖 」

児童英検 」

TOEFL

TOEFL、トーフルとは 」 「 TOEFL:要求される点数 」

TOEFL:Paper-Based Testing 」

TOEFL:Internet-Based Testing 」

TOEFL:Institutional Testing Program 」

TOEFL:Computer-Based Testing 」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。